So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

準備は万全だったのか 日本VSオーストラリア [スポーツ]

負けてしまったことは、しかたがない。

しかし、勝てる試合をものにできなかったことに悔いは残る。

この試合、というよりも日本はオーストラリアの研究をしていたのか疑問がわいてきた。

実際、オーストラリア(ヒディンク監督)は、明確なメッセージがあった。

中盤(中村、中田、サントス)を潰すこと。

左サイドからの攻撃はほとんどなく、中村は守備に追われ、中田は前線に顔を出すことはほとんどなかった。

結果、前半のボール支配率は、オーストラリアが優位に立ち。日本は劣勢にたたされる。

押し込まれるので、MF陣は下がる、DF陣もさがり、結果ラインは下がり気味になり、前半からガンガンとシュートを打たれた。

川口の好セーブがなければ、大量失点の可能性もあった。

そして、ポイントとなる後半戦だ。

ここで、ジーコは、カウンター狙いにいくことをする。

ただ、1点ビハインドのオーストラリアは、後半から3トップにしてくる可能性もあった。

カウンターを狙うのであれば、後半開始から4バックにすべきだったのではないか。

体格で劣る日本選手は、3トップでくるオーストラリアに数的優位で対抗するしかなかったはずだ。

そして、このジャブがだんだん効いてきて、日本の運動量が落ちてくる。

ここで、小野の投入になるわけで、中盤を厚くするのが狙いだったようだが、ここでも、4-2-3-1のシステムは考えられたはず。

左からサントス、宮本、中沢、茂庭、ボランチに小野、福西、中盤を左から中田、中村、駒野、ワントップの高原にしてもよかった。

そして、駒野にかえて、玉田か大黒の投入を考えてもよかったと思う。

しかし、明確な意思が選手に伝わらず、中盤の人数は多いのだが、セカンドボールはとれず、自軍のエリア内での攻防になる。

DF陣は、最後の防波堤と思い必死に守るのだが、動きまわされ疲れがたまり足にくる。

そして、スローインからの失点。またしても、セットプレーからである。

ここからも、勝ちに行くのか、引き分けに持ち込むのか明確な意図が伝わらず運動量が落ちた日本は、結局自滅していく。

ヒディンクは、日本の試合、ジーコをよく研究していたと思う。

中盤を抑えること。そして、リードあるいは同点のときの日本は、選手交代をしないこと。

果たして、日本は、試合がきまってからオーストラリア、ヒディンク監督の研究は万全だったのか?

中田は、ドイツ戦と同じだと言っていたが、マルタ戦と同じだと思う。

マルタの場合は、格下でしかも親善試合だったので、負けなかっただけ。

いまさら、あのときああっだたら、こうしたらと言っても仕方がない。

クロアチア戦までは時間がまだある。

やるべきことをしっかりやらなければ、また、同じことの繰り返し。

ワールドカップは、まだ終ったわけではない。クロアチア、ブラジル戦。そして、次の南アフリカへと続く。

次に繋がる試合をしなければ、いままでの4年間、フランス大会、日韓大会までの時間が無になってしまう。


nice!(11)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

たすき 「箱根駅伝」 [スポーツ]

今年の箱根駅伝が終わりました。

毎年自分の母校と父親の母校を家族で応援しています。

今年は、ぼくの母校である駒澤大学の五連覇がかかっていました。

結果は...、残念ながら5位でした。

今年は、出雲、全日本大学と振るわず、箱根も危険信号がともり、ぼく自身今年は、東海、日本大学には勝てないのではと思っていました。

しかしながら、往路は2位、復路も8区順天のブレーキもあり、一時はトップに立ち、これはいけると思って大手町へと急いでいきましたが、そこで妹から、「亜細亜に追いつかれるよ」の連絡。

一時はアンカーの糟谷君が9秒差まで追い上げましたが、この前半のオーバーワークがかかり残念ながら5連覇の夢断たれ、5位におわりました。

駅伝は難しい競技です。1人の力では勝てません。つい、一昔までは、絶対的なエースを往路に1~2人、復路に1人でもいれば勝負ありでしたが、近年は、10区間を平均的なスピードランナーを要していないと勝てません。

今年は、それが特に印象的でした。

2区で一時日大のサイモン君がトップに立ちましたが、山梨のモグス君が抜き、5区では、順天の今井君が箱根の山で抜きました。優勝候補の東海は、5区にエースの伊達君をたてましたが、体調不良のため本来のレースができず、脱落。

復路は、順調に飛ばし、一時はこのまま順天優勝かと思ったら、8区で駒澤の堺君に抜かされ、その駒澤は9区で思わぬ伏兵(亜細亜大学のみなさんすいません)の亜細亜大学の山下君に抜かれ、その後、順位を落としてゴールしました。

このように箱根駅伝は、各ランナーが本来の実力をどれだけ発揮すること、そしてどの区間にも穴なくランナーをエントリーができるかで、優勝、シード権を手につかむことができます。

今年、優勝した亜細亜大学のみなさんおめでとう!

シード権を獲得した大学のみなさんおめでとう!

惜しくもシード権をとれなかった大学のみなさん、また、来年の箱根に戻ってくることを楽しみしています。

そして、駒澤のランナー達。5連覇はできませんでしたが、4連覇をしたこを誇りをもって、来年、またチャレンジしてください。そして、また校歌を大手町の前で歌ってくれることを期待しています。

駅伝のたすきは、出場できたランナーが繋ぐだけではありません。

出場出来なかったランナー、先輩、関係者、応援してくれる人たち、みんなの想いがこもったたすきをつないで、今年、来年、再来年と繋いでいくものです。

また、来年すばらしいレースをみせてくれるランナーに会えることを祈っています。


nice!(14)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

オレンジな風景「清水エスパルス」 [スポーツ]

今日は、等々力陸上競技場で、清水エスパルスと川崎フロンターレの試合があり観戦しに行きました。

もちろん応援するのは、オレンジ軍団の清水エスパルスです。

開始一分にコーナーキックからいきなり久保山がヘッドで決めました。

これがそうなんですが、なにせ、点を入れたのが、ホームである川崎側のゴールでしたので、遠いぞ。当然、清水側から写真を撮るとこうなってしまいました。

点を入れた久保山は15番で、向かって右端にいます。ボールは、ズボンに4番をつけた高木(和)の真後ろにあります。

喜ぶ、森岡、チェ・テウク

この開始1分に入れた1点を守っての辛勝でしたが、アウエー初勝利なので、応援団も大喜びでした。

今日は、市川の誕生日だったので、なおさら勝利はよいプレゼントになりました。

ところで、本当は、もっと迫力のある写真とか撮りたかったのですが、何せ、1点入れた後は、試合に夢中で写真を撮るところでなくなってしまいました。やっぱり、試合に熱くなるとダメですね。

しかも、今日のゲーム、前半、後半ともホームの川崎側のゴールで決定的な場面ばかりで、清水側は全くといって決定的なシーンはほとんどなし。

しかし、今日は勝ったのでよしとします。

また、機会があれば、チャレンジしてみたいです。


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:スポーツ

やっと勝った 少し安心しました [スポーツ]

「Jリーグの応援チームは?」と聞かれたら、もちろん「清水エスパルス」と答えます。ここ何年かは、チームが低迷していて、TVで試合を見たり、結果を見るのがつらかった。そして、ことしチームの切り札として、長谷川健太が監督として就任した。

続きだよ~♪


nice!(9)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
スポーツ ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。